ミ二チュア・シュナウザーは、19世紀後半に農作業やネズミ捕り用の犬として、当時のドイツでスタンダード・シュナウザー、アーフェン・ピンシャー、プードルを掛け合わせて作られた犬種とされています。

 

シュナイザーは、ドイツ語で『小さいヒゲ』という意味があります。

 

名前通り”特徴的なヒゲ”が生えており、全体は角ばったシルエットで、被毛は、上毛・下毛の二層構造になっています。

 

元々、農作業やネズミ捕り用に作られたので、体力があり、動きも機敏です。

 

寿命:12~14歳

体高:30~36cm

体重:6~7Kg

JKCランキング:13位

 

現在も世界的に人気の犬種で、アメリカ、日本においてもその座は安定しており、ショードッグとしても人気があります。

 

テリアの種の中では、比較的大人しく他の犬種に対しても社交的と言えます。

 

追いかけるのが大好きな犬種ですから、毎日散歩で走らせてあげることが理想ですが、屋外で遊ばしてあげるだけでも運動不足を予防できます。

 

屋外での飼育も可能ですが、体のサイズもそこまで大きくないということ、被毛が厚いため暑い季節には辛いということを考慮し、できるだけ屋内で過ごさしてあげることが理想です。

 

被毛のケアは、3日に一回のブラッシングと2ヶ月に一回程度のトリミング、プラッキング、クリッピングをしてあげましょう。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
コメントは利用できません。

スポンサードリンク

カテゴリー

ページ上部へ戻る