今日は、”犬のしつけは根気が必要”をお話させていただきます。

犬をしつける際に一番やってはいけないことは、”自分の都合で犬に言うことを聞かせる”ということです。

自分本位のしつけにならないよう、飼い主自身が気を付ける必要があります。

犬の気持ちを考えてしつけてあげれば、きっと愛犬も答えてくれるはずです。

たしかに、無駄吠え、噛み癖などは、いっしょに生活をする中では、問題行動となります。

しかし、その問題行動の裏には、何かを伝えたいという犬の気持が存在します。

どんな犬も、何の理由もないのに吠えたり、噛みついたりしません。

飼い主に伝えたいことがあるからこその問題行動なのです。

 

もし、問題行動をどうしても止めさしたいときは、愛情を持って教えてあげれば良いのです。

もし、愛犬のしつけが上手くいかなくても、『友達の犬に比べてこの子は頭が悪い』や『もう何度も教えてるのに』とカッとなって感情にまかせてしつけてはいけません。

 

もし、上手くしつけることができない場合は、焦らずアプローチ方法を変えてみる、また犬は集中力が長続きしないので、休憩させて再度しつけるなどしてみましょう。

 

TVチャンピオン2回優勝者!遠藤和博の犬のしつけ講座▼





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

関連記事

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

カテゴリー

ページ上部へ戻る