犬アトピー性皮膚炎の症状・原因・治療と新薬”アポクエル”

前回は、『犬の応急処置と家庭でできる状態の見方は?』についてお話させていただきました。

アトピーというと子どもの皮膚の病気だというイメージが強いかと思いますが、実は犬にも多い病気とされます。

皮膚の病気の場合、かゆみと痛みを伴いことが多い為、かゆみがあったり痛みがある部分を舐めたり、壁や床にこすりつけたりする動作を頻繁に行うようになるため、家族がはじめに気づくことが少なくありません。

かゆみや痛みは日常的なストレスになってしまい、愛犬の生活の質にも直接的に影響してしまいます。

そこで、今回は『犬アトピー性皮膚炎の症状・原因・治療と新薬』についてお話しさせていただきたいと思います。




犬のアトピー性皮膚炎の原因・症状・治療?

犬のアトピー性皮膚炎とは?

好発犬種:若齢犬、柴犬、ラブラドール・レトリバー、ゴールデン・レトリバー、ウェルシュ・コーギー・ペンブローク、パグ、コッカー・スパニエル

アトピー性皮膚炎の症状:1~3歳の若い犬が発症しやすく、最初の症状は『かゆみ』です。かゆがっていることを示す行動には、実際にカラダヲかく以外にも、脚先をなめる、顔や目の周りをこする、体を壁や床にこすりつけるなどがあります。犬アトピー性皮膚炎では多くの場合、外耳炎や耳の中、顔、手などにかゆみを起こすことが知られています。皮膚病を起こしていない部分をかゆがるのが特徴です。慢性的にかいていたり、壁や床にこすりつけたりすると皮膚が赤や黒に変色したり、肥厚することがあります。

皮膚の細菌感染である『膿皮症』や皮膚がかさかさしたりべとべととしたりする『脂漏症』を起こすこともあります。

アトピー性皮膚炎の原因:諸説ありますが、一般的にはアレルゲンと呼ばれるアレルギー起因物質が皮膚から吸収されて起こります。原因となる物質としては、人間同様、花粉やハウスダスト、ハウスダスト中のダニが知られています。なぜ、アレルギーを起こすかは、まだ研究中ではありますが、アレルギー反応の原因となる免疫抗体をつくりやすい因子を持っているのではないかと言われています。

アトピー性皮膚炎の治療:アトピー性皮膚炎の治療では、シャンプーを変えて被毛をシャンプーすることで清潔に保つようにします。『脂漏症』があれば、症状に合ったシャンプーで肌の感想状態を調整することも行われます。直接的なかゆみの抑制にはアレルギーの症状を緩和する抗ヒスタミン薬が使用されます。アトピーに効果的とされる『ステロイド薬』ですが、皮膚の状態改善には非常に良く効くのですが、かゆみを取り除くことができないため長期連用になりがちで全身性の副作用が出ることがありますので、最近ではステロイド剤をできるだけ使用しない治療が注目されています。

犬のアトピー性皮膚炎の場合、治療の前にその原因の特定をする必要があります。

犬アトピー性皮膚炎の診断に関しては、問診と身体検査を中心に行われ、細菌感染、寄生虫や食物アレルギーなどと間違えていないかの診断が行われます。

また、家の中や屋外の犬小屋などに痒みを起こすものがないか、清潔になっているかを確認することも大切です。

犬のアトピー性皮膚炎の治療とは?

 

アトピー性皮膚炎の診断基準とは?

実は、アトピー性皮膚炎には診断基準があり、家族さんがその診断基準を元にチェックすることができます。

以下にある8つの項目の内、5つ以上が当てはまればアトピー性皮膚炎の可能性が高いといえます。

Favrotによる犬アトピー性皮膚炎の基準2010

①3歳までにかゆみが発症している

②散歩には行くが、基本的に室内で生活している

③かゆい時にステロイド剤(グルココルチコイド)でよくなる

④かゆがっている場所に皮膚病変がない

⑤前脚に皮膚病変がある

⑥耳に皮膚病変がある

⑦耳の緑に皮膚病変はない

⑧腰と背中に皮膚病変はない

上記の8つの内、5つ以上当てはまる場合は、アトピー性皮膚炎の可能性が高いとされているため、愛犬に当てはまっているかを飼い主さんがチェックしてあげましょう。

もし、5つ以上当てはまっているようなら動物病院へ受診することをおすすめします。

犬のアトピー性皮膚炎の診断基準とは?

 

新薬『アポクエル』で犬アトピーが劇的に改善する?

実は、2015年度から日本国内で販売が開始された新薬『アポクエル』が注目されています。

アポクエルは、犬のアレルギー性皮膚炎やアトピー性皮膚炎の新しい治療薬で痒みや赤み、腫れなどの症状を緩和するほか、長期的な治療を要するアトピー性皮膚炎の症状管理に優れた効果が発揮するとされ、愛犬家から期待されています。
今までアレルギー性皮膚炎やアトピー性皮膚炎によって生じる皮膚の痒みの緩和や赤み、腫れなどの改善には、症状を引き起こす原因となるヒスタミンの産生を抑える抗ヒスタミン薬や、過剰に反応する免疫細胞そのものの機能を抑制するシクロスポリンなどが使用されてきました。

抗ヒスタミン薬➡有効性が低い

シクロスポリン➡効果の発現の遅さや免疫細胞の機能そのものが抑制されてしまうことによる易感染症

ステロイド剤➡長期連用による全身性の副作用

これらの薬剤の欠点を補う新薬として登場したのが、ヤヌスキナーゼ(JAK)阻害薬であるオクラシチニブを有効成分とするアポクエルです。

アポクエル

もし、ご興味がある方は獣医師に聞いてみましょう。

新薬アポクエルでアトピーが改善

 

いかがだったでしょうか?

人間だけでなく犬にとっても皮膚のかゆみや痛みは非常に不愉快で辛いことは言うまでもありません。

愛犬が皮膚をしきりに舐めたり、壁や床にこすりつけているような行動を頻繁に繰り返している場合は、アトピー性皮膚炎の可能性がありますので、もし心配であれば一度動物病院を受診してみましょう。

今回は、『犬アトピー性皮膚炎の症状・原因・治療と新薬”アポクエル”』についてお話しさせていただきました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
コメントは利用できません。

スポンサードリンク

カテゴリー

ページ上部へ戻る