カテゴリー:犬種の解説

  • ペキニーズ

    ペキニーズは、『唐(8~9世紀頃)』時代、すでに王族に繁殖が行われ、さらに中国の皇帝にが自らの袖に入れ可愛がっていたことから『袖犬』と呼ばれていたそうです。 また、ペキニーズはラマ教とも深い関わ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ドーベルマン・ピンシェル

    ドーベルマン・ピンシェルは、一般的に筋肉質で、がっしりとした体格で知られています。 優雅さと機敏さ、そして卓越した持久力を兼ね備えています。 また、主人には従順で気高く…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • アフガン・ハウンド

    アフガン・ハウンドは、古代エジプト王朝時代から存在している歴史のある犬種で祖先はサイトハウンドと言われています。 アフガン・ハウンドは、運動能力・環境適応能力に優れており、名前の通り”アフガニス…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 柴犬

    日本には、6種類の犬種が存在しています。 その中で、『柴犬』は古くから存在している犬種とされています。 紀元前300年頃に、日本の中部地方で狩猟犬として飼われていたともいわれています。 柴犬の名前の…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • (ミニチュア)ダックスフンド

    ダックスフンドは、当時『穴を掘る小型犬』、『アナグマ犬』と呼ばれ、16世紀にダックスフンドの資料が発見されているそうです。 ダックスフンドという名前には、ドイツ語でアナグマ犬という意味があります。 名前の通り…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ポメラニアン

    ドイツやポーランドのポメラニア地方で徐々に小型化されたスピッツ族で、ツベルク・スピッツが起源だと言われています。 そのスピッツ族の中でも一番小さなサイズのポメラニアンは、少しキツネにも似た容姿を持っています。 …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • パピヨン

    パピヨンの原産地はフランスで、原種は、スペインのトイ・スパニエルの一種だと言われています。 『パピヨン』という名前の由来ですが、この犬の耳の形が『蝶』に似ていることから、フランス語で『蝶』という意味を持つ『パピヨン…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ラブラドール・レトリバー

    原産地は、カナダのニューファンドランド島であるラブラドール・レトリバーは、元々は水の中で魚をとってくるなどの水中回収犬でした。 1917年にAKCに認定され、徐々に人気が上昇し、1991年以来、今日まで飛びぬけて高…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • シーズー

    シーズーは、ラサ・アブソとペキニーズを掛け合わせて作った小型犬で、別名をクリサンセマム・ドッグ。 中国では、西施犬や獅子狗と呼ばれ清朝末期の主に宮廷や貴人達の間で飼われ、仏教の影響があった中国でもっとも尊ばれた動物…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フレンチ・ブルドッグ

    フレンチ・ブルドッグは、ブル・バイティング場で闘って英雄となったブルドッグの祖先犬たちのさまざまな特色を受け継いでいます。 18世紀イギリスの織物職人がフランスに渡った時、一緒に連れて行ったブルドッグがパグやテリア…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

最近のワンちゃん更新情報

スポンサードリンク

カテゴリー

ページ上部へ戻る