ウェルシュ・コーギー・ペンブロークをご存知でしょうか?

あまり耳慣れない犬種だと思われるかもしれませんが、この犬種は名前の通りコーギーなのです。

コーギーは、イギリス王室に愛された可愛い犬種で、短い脚に長い胴体がチャームポイントです。

今回は、そんな人気のコーギーをご紹介したと思います。

体高:約25~30cm

体重:10~12kg(雄)、10~11kg(雌)

価格:20万円~(ペット) 35万円~(ショータイプ)

登録頭数:JKC12位(5,438頭) AKC21位(6,008頭)

毛色:レッド、セーブル、フォーン、ブラック&タンの単色





☑️コーギーの歴史は?

コーギーは、元々ウェールズのペンブロークシャー地方で牧畜犬として活躍していました。

12世紀の頃からヘンリー2世紀に可愛がれていたという歴史もあり、現代でもエリザベス女王に愛され続けています。

イギリスでは王室を代表する犬種となっており、日本でも登録頭数が5000頭を超える人気の犬種になっています。

頭が良い犬種で、吠えたり追っかけたりと牧畜犬時代の癖が出やすいという特徴もあるといわれています。

昔と違い、現在では原産国のイギリスで断尾が禁止されたので、日本においてもこれからは尻尾のあるタイプが主流になっていくでしょう。

 

☑️コーギーの特徴・性格は?

コーギーは、明るく活発な性格をしており、社交的で遊ぶことが大好きです。

そのため、子どもや他の犬ともすぐ仲良くなれます。

活発な犬種なので、朝夕30分の引き運動を欠かさないようにする必要があります。

もちろん、ドッグスポーツにも向いていますが、長胴短脚の体型ゆえ、背骨に負担がかかりやすいので激しすぎる運動は控えめにしましょう。

被毛は、下毛と上毛の二重構造になっていますので、被毛の手入れは週2回のブラッシングで十分ですが、換毛期には抜け毛が多くなるため入念に手入れしてあげましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
コメントは利用できません。

スポンサードリンク

カテゴリー

ページ上部へ戻る