グレート・デーンは、発祥地はドイツで、堂々とした雰囲気を持っており、”犬の中のアポロ神”と呼ばれています。

 

アイリッシュ・ウルフ・ハウンドとイングリッシュ・マスティフの血統を受け継いでいるとされとり、14世紀のドイツでは、軍用犬や狩猟犬として飼われており、そのすばやい動きとパワー、スタミナは非常に優れていました。

 

大きくしなやかな体で、バランスがよく狩りに適していると判断されたのでしょう。

 

また、その美しさから上流階級の人間から評価され、グレート・デーンを飼うことが一種のステータスと判断され、愛犬として飼う人が増えました。

 

その後、アメリカに持ち込まれた後も人気は衰えを知らず、現在もAKCランキング27位という人気ぶりです。

寿命:6〜8歳
体高:雄76-81cm 雌71ー76cm
体重:45-54kg
JKCランキング:51位

 

グレート・デーンの性格は、大きな体でありながら、おっとりしており、比較的穏やかな性格をしています。

主人に従順で、子供や他の犬種とも仲良くすることができますが、繊細な部分もあります。

 

グレート・デーンは、体の大きさ、そして元々軍用犬・狩猟犬と使われていた背景もあり、毎日、適度な運動が必要です。

 

あまり、時間が取れない方は、15~20分走らせてあげたり、ゆっくり歩きたいという方は30分以上時間をかけ歩かしてあげましょう。

 

体が大きいため、屋外での飼育を考える方も多いですが、屋内の飼育の方が適していると言われています。

 

被毛は、短くツヤがあります。

 

被毛が伸びて犬がストレスを感じるということがほとんどありませんので、被毛ケアは週一回程度のブラッシングで十分でしょう。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
コメントは利用できません。

スポンサードリンク

カテゴリー

ページ上部へ戻る