原産地は、カナダのニューファンドランド島であるラブラドール・レトリバーは、元々は水の中で魚をとってくるなどの水中回収犬でした。

1917年にAKCに認定され、徐々に人気が上昇し、1991年以来、今日まで飛びぬけて高い人気を誇っています。

日本においても、ラブラドールの人気は高く盲導犬としても広く知られています。

寿命:10~12歳

体重:25~36kg

JKCランキング:7位

知能はとても高く、性格としては、主人には忠実で従順で回収作業ができる高い知能・能力を持ち合わせています。

子供や他の犬とも仲良くできるなど、社交性と活動性も備えている優秀な犬種です。

その優秀さゆえ、アメリカの盲導犬のうち60~70%はラブラドール・レトリバーだとされています。

ラブラドール・レトリバーは、食欲旺盛な犬種として知られています。

そのため、運動不足は肥満の原因と言われており、ラブラドールに必要以上にエサを与えていると平均寿命が2歳縮まると言われています。

また、肥満になると糖尿病などの疾患をはじめ変形性関節症にかかることも珍しくありませんので、この犬種において健康管理は一段と気をつける必要があります。

ラブラドールの一日の適性運動量は、散歩(30分)×2回。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
コメントは利用できません。

スポンサードリンク

カテゴリー

ページ上部へ戻る