今回は、愛犬の寿命についてのお話をしたいと思います。

寿命は、子犬を飼った瞬間からずっと付き合わなければいけない問題で、飼い主なら愛犬に一日でも長く生きてほしいと思うものです。

基本的に、小型犬の方が大型犬に比べ長寿と言われています。

た、室内飼育の方が屋外飼育よりも長寿とされています。

歳を取るスピードは若いほど早く成犬となってからは緩やかとなります。

よく犬の年齢を人の年齢に換算する方法が取られていますが、科学的根拠に基づいたものではありませんが、一つの参考としては良いでしょう。

目安として、小型犬は生後1年でヒトの約17歳、生後2年で約24歳、大型犬は生後2年で約20歳、それ以降は小型犬で1年につき人の4歳程度分、大型犬は5,6歳程度分、歳を取ります。

 

は、犬の平均寿命はどれぐらいなのでしょうか?

小型犬、中型犬、大型犬それぞれの寿命を見ていきましょう▼

 

小型犬

トイプードル 13才

シーズー 12才

チワワ 14才

パグ 11才

パピヨン 13才

フレンチブルドッグ 12才

ポメラニアン 13才

マルチーズ 13才

ミニチュアダックスフンド 13才

ヨークシャーテリア 13才

 

 

中型犬

柴犬 12才

ダックスフンド 11才

ビーグル 11才

ブルドッグ 9才

ブルテリア 10才

 

 

大型犬

アイリッシュセッター 9才

秋田犬 8才

イングリッシュセンター 9才

イングリッシュポインター 9才

紀州犬 11才

グレート・デン 7才

コリー 9才

ゴールデン・レトリバー 9才

シベリアンハスキー 9才

セントバーナード 7才

ダルメシアン 10才

ボクサー 9才

ラブラドールレトリバー 9才

 

上記を見ていただければ、小型犬が大型犬に比べ長寿なのがお分かりになると思います。

最近は、ドッグフードや医療技術も良くなっているので、寿命が長くなっていると言われています。

一日でも長くいっしょにいれるように可愛がってあげてくださいね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
コメントは利用できません。

スポンサードリンク

カテゴリー

ページ上部へ戻る