(ミニチュア)ダックスフンド

ダックスフンドは、当時『穴を掘る小型犬』、『アナグマ犬』と呼ばれ、16世紀にダックスフンドの資料が発見されているそうです。

ダックスフンドという名前には、ドイツ語でアナグマ犬という意味があります。

名前の通り、地中まで敵を追っていき、獲物を外に連れ出すという狩りをするため、胴は長く四肢は短く作られました。

現在は、3つの被毛(スムース、ロング、ワイヤー)タイプと2種類のサイズに分類されており、それぞれのタイプのダックスフンドは、各地域の地形や天候などを考慮し、その土地の猟に適合した特徴を持たせて繁殖されました。

1910年頃に、ダックスフンドに関する厳しい基準が設けられ、それ以降はペットとして人気が高まりました。

現在でも、アメリカでは狩猟犬として飼われており、優れた狩猟本能をと鋭い嗅覚、土の中に入れる体型により数多くのハンターに飼われています。

寿命:12~14歳

体重:5~15kg (ミニチュアダックス:0.5~5kg)

JKCランキング:1位

性格は、飼い主や慣れた人には問題ありませんが、初めて会った人や子供などには警戒心を持つことがあり、吠えることや臆病になってしまうことがあります。

被毛の手入れですが、スムースタイプには、最低限のグルーミング、ロングタイプには、週に1〜2回のブラッシング、コーミング・トリミングをしてあげましょう。

ワイヤータイプは、月に2~3回ブラッシング、コーミングをしてあげましょう。

運動ですが、元々狩猟目的で飼われていただけあり、活発なので1日1回は散歩に連れて行ってあげましょう。ただし、胴長が災いして椎間板ヘルニアになる場合がありますので、毎日散歩するときに動きに違和感がないかどうかを観察してあげましょう。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
コメントは利用できません。

スポンサードリンク

カテゴリー

ページ上部へ戻る